「人と企業のマネジメント」をテーマに継続的改善を行い、顧客満足の向上に努めて行きます。

HOME > ISO取得・運用事業 > 各種ISOについて > AS/EN/JISQ 9100・9120

AS/EN/JISQ 9100・9120


【TOP】9001.jpg

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120
(航空宇宙防衛品質マネジメントシステム)とは

組織が顧客(プライムメーカーや監督官庁)の要求に応えるために、航空宇宙産業向けの製品やサービスの品質と信頼性を高めることを目的とした品質マネジメントシステム規格で、組織の価値向上をもたらします。航空宇宙機器製造における製品品質の向上と安全性に関するマネジメントシステムです。IAQG 9100の規格は、日本ではJIS Q 9100、米国ではAS 9100、欧州ではEN 9100として規格化されています。また、AS 9100以外にAS 9110、AS 9120があります。

AS 9100は、航空宇宙防衛分野の産業の製造業向け品質マネジメントシステム規格、AS 9110は、商用・防衛用の航空産業の製品の整備・修理業などを主とする組織に向けの規格、AS 9120は、航空宇宙防衛分野の製品を調達し、顧客へ販売する商社向けの規格として各々推奨されている規格となります。

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120はどのような規格か?

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120とは、ISO 9001を土台にし、それに航空宇宙防衛業界特有の要求事項を追加した、航空宇宙防衛品質マネジメントシステムの規格です。
セクター規格とも呼ばれています。)

≪9001と9100(9120)の関係図≫

9100相関.png
セクター規格とは
ISO 9001は業種問わず汎用的に適用されるため、業界によっては完全に対応できない部分があります。

その部分を補完するために業界特有の要求事項を付け加えた規格になります。
そのため、AS/EN/JIS Q 9100・9120とISO 9001はまったく別の規格というわけではありません。

                                                     

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120制定の背景

ISO 9001のみでは、航空宇宙防衛業界の要求を満たすことはできないとして、不足を補う必要があるとの認識が世界で広がりました。

1998年、ボーイング、エアバス、GE、ロールスロイス等の世界の主要な航空宇宙メーカーによって、IAQG(国際航空宇宙品質グループ)が設立され、航空宇宙防衛品質マネジメントシステムの国際規格であるIAQG 9100を制定しました。

2001年、日本では航空宇宙メーカーが、SJAC(日本航空宇宙工業会)の中にJAQG(航空宇宙品質センター)を設立し、IAQG 9100を日本語訳したJIS Q 9100を発行しました。

同様に、米国ではAS 9100、欧州ではEN 9100が発行されており、これらは国際相互認証されています。

また、商社向けの規格としてAS/EN 9120、整備業向けの規格としてAS/EN 9110がそれぞれ発行されています。

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120の必要性

航空宇宙業界での信用・信頼・優位性を確保できます。

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120を取得すると、IAQG-OASISデータベース(Webサイト)に登録されます。

OASISは、業種やキーワードで9100・9120認証登録組織を検索できるようになっており、世界中の企業によって利用されるので、航空宇宙防衛業界の中で自社の存在をアピールでき、新たなビジネスチャンスの拡大が期待できるほか、ベンダーリストにも登録されます。

現在では、9100・9120認証取得を取引契約の条件としているメーカーは増えています。
 ≪IAQG-OASISデータベース≫
 oasis.png

                                                  

航空宇宙分野の監査手法

航空宇宙の監査員は、AS 9101(SJAC 9101)に従ってプロセスの有効性を監査します。

航空宇宙分野の監査員は「PEAR」Process Effectiveness Assessment Report、プロセス有効性の評価報告書)を使用しています。

AS 9101(SJAC 9101)では、プロセスベースの監査アプローチを概説
 

≪AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120の有効性»
AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120システムと関連プロセスの有効性を評価します。 
①顧客の期待に対応する
②品質の高い製品やサービスを時間どおりに提供できるか
③継続的に改善しているか
④組織のプロセスに効果があるか

そのため、監査には2つの側面があります。
①要求事項への準拠(適合)  
②有効性


PEAR(プロセス有効性の評価報告書)



AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120取得のメリット

1.顧客の信用と営業力の強化
2.社内の意識改革と体質の強化
3.品質の向上と不良率の低減
4.生産性向上とコストダウン
5.経営システムの構築と安定経営
6.サプライチェーンのすべてのレベルで使用するため品質の確保
7.安全性の改善
8.管理面と現場業務の質的向上

等                                                     

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120取得コースの概要

AS 9100・AS 9120のコンサルティング実績を多数持つ当社だからこそ、蓄積されたノウハウを基に、御社の現状に合った仕組みを構築します。
日本企業のAS 9120のコンサルティング実績はNo.1!を誇ります。 IAQG-OASISデータベース調べ)
品質マニュアル・関連文書の作成は当社にてすべて作成します。
無理・無駄のないシンプルな運用システムを構築します。
教育研修機関で培ったカリキュラムにより、独自の内部監査手法はもとより、取得から運用までの完全教育を実施し、取得後もスムーズな運用ができるよう指導します。

AS/EN/JIS Q 9100・AS/EN 9120取得のステップ

STEP1 システムの構築

法規制要求事項、顧客要求事項、9100/9120規格要求事項の内容を押さえた、品質マニュアル・関連文書の作成。

STEP2 運用開始

品質マニュアル・関連文書の運用開始。有効性のKPIによる監視を強化。

STEP3 内部監査員養成

内部監査員を養成し、監査準備に入ります。

STEP4 内部監査の実施

品質マニュアル・関連文書の運用状況の監査の実施。
システム監査、法規制要求監査、顧客要求監査、製造工程監査、製品監査など、多岐にわたる視点で、業務改善へと導きます。

STEP5 外部審査の受審

内部監査で、判明した不備を改善し、外部審査に臨みます。外部審査後のフォローアップも万全です。



電話でのお問い合わせ

03-3239-8721

お見積もり・お問合せ

お問合せはこちら