「人と企業のマネジメント」をテーマに継続的改善を行い、顧客満足の向上に努めて行きます。

ISO 27001


【TOP】9001.jpg

ISO 27001
(情報セキュリティマネジメントシステム)とは

ISMSの国際規格ISO 27001は、情報の機密性・完全性・可用性3つをバランス良くマネジメントし、情報の有効活用を実現するツールです。経営は「人・モノ・カネ・情報(知識)」などと言われるように、組織で培われた情報は、組織を発展させる、貴重な情報資産となります。
ISO 27001の認証取得は、情報に関わるリスクを適切に管理し、情報の有効活用を可能とし、組織の社会的な価値を向上させます。また、同時に内部統制やコンプライアンスの徹底にもつながります。

情報セキュリティ三要素

ISO 27001は、情報の機密性・完全性・可用性の3つをバランス良くマネジメントし、情報の有効活用を実現するツールです。

①機密性:アクセスを許可された者だけが情報にアクセスできるようにする。

②完全性:情報や情報の処理方法が正確かつ完全である(改ざんされていない)ことを保護すること。

③可用性:許可された利用者が必要な時に情報資産にアクセス状態を維持し続けること。

ISO 27001取得のメリット

1.顧客の信用と営業力の強化
2.社内の情報セキュリティ意識改革と体質の強化
3.情報資産管理の向上と流出率の低減
4.情報に関わるリスクの管理
5.経営システムの構築と安定経営
6.責任と権限の明確化
7.文書化による標準化の進展
8.記録による客観的な証明の充実
9.公共入札案件での加点要素
10.提供するサービスの信頼性を証明

 



テレワーク時代の情報セキュリティは企業の命題

テレワーク(在宅勤務)コワーキングスペース(共同で仕事をする場所)で業務をする人々が増えてきた昨今、『情報』の管理は益々徹底されることを求められてきています。そしてクラウドサービスを利用する企業も増える中、管理状況によっては大きなリスクへと発展する可能性もあります。

国際規格では、クラウドセキュリティのスタンダードとして「ISO/IEC27017」や個人情報の処理によって影響を受けかねないプライバシー保護のための仕組み「ISO/IEC27701」が新たに加わりました。

顧客要求の中にも、「情報セキュリティ」の取得必須が目立ってきています。

『組織力強化』のためにはあってしかるべきツールとなってきております。

情報セキュリティマネジメントシステムの種類

iso27001バナー1.jpg iso27001バナー1.jpg



ISO 27001取得コースの概要

御社の現状に合った仕組みを構築します。
情報セキュリティマニュアル・情報管理手順書・関連文書の作成は当社にてすべて作成いたします。
無理・無駄のないシンプルな運用システムを構築します。
取得するまで完全教育を実施し、取得後もスムーズな運用ができるよう指導します。

ISO 27001取得のステップ

STEP1 システムの構築

ISO 27001の規格を満たした、情報セキュリティマニュアル・情報管理手順書・関連文書の作成。

STEP2 運用開始

情報セキュリティマニュアル・情報管理手順書・関連文書の運用開始。

STEP3規格の理解

規格で求められている事を理解するためのセミナーを開催。

STEP4 内部監査員養成

I内部監査員を養成し、監査準備に入る。

STEP5 内部監査の実施

情報セキュリティマニュアル・情報管理手順書・関連文書の運用状況の監査の実施。(2回実施)

STEP6 外部審査の受審

内部監査で、判明した不備を改善し、外部審査に臨みます。外部審査後のフォローアップも万全です。

電話でのお問い合わせ

03-3239-8721

お見積もり・お問合せ

お問合せはこちら