「人と企業のマネジメント」をテーマに継続的改善を行い、顧客満足の向上に努めて行きます。

HOME > ベックスナビ > 話題の人 > 明石家さんま氏(お笑いタレント):バイオナンバー「543」

明石家さんま氏(お笑いタレント):バイオナンバー「543」│株式会社ベックスコーポレーション

明石家さんま氏(お笑いタレント):バイオナンバー「543」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明石家さんま氏(お笑いタレント):バイオナンバー「543」

明石家さんま 

 4_話題の人のバイオナンバー.png
 
今回紹介するのは、
 
企画・プロデュースする劇場アニメの公開を発表した
お笑いタレント
 
明石家 さんま(あかしや さんま)です。
[生年月日:1955/07/01] 
 
バイオナンバーは『543になります。 
 
 
話題の人とは.png
※ 一番強い特性の真ん中の数字「4」の内容について、
 の色で表しています。

 
4_生い立ちと実績.png
明石家氏は1955年に和歌山県串本町の水産加工業の次男として生まれました。本名は杉本高文(すぎもと たかふみ)といい、3歳の時に奈良県に転居します。幼い頃、兄が親から“勉強の成績が悪いこと”について怒られているのを見て、「自分は怒られないようにちゃんと勉強せなアカン」と思って勉強に励みました。その結果、両親から誉め言葉で「高文は何でもひとりで大丈夫や」と言われるようになりましたが、その言葉を聞く度にかえって寂しさを感じていたそうです。そんな明石家氏は子どもながら「親戚は俺のモノ(自分のことを気にかけてもらうよう)にしよう」と思い立ち、親戚が集まった時に親戚中のおじさん、おばさんたちを笑わせて回ったそうです。さらに、「友達集めてしゃべったり、向かいの(家にいる)おっちゃん笑わせてやろう」と自分の周りと積極的に関わることで近所の人気者になっていきました。
 
そんな人を笑わせることに夢中だった明石家氏は高校生時代、なんば花月に通います。いろんな芸人さんが出てきても全く笑わなかった明石家氏でしたが、笑福亭 松之助(しょうふくてい まつのすけ)(バイオナンバー543)の時だけは本気で笑ってしまったそうです。「この人の言うことだったら聞ける」と思い、その年の年末に松之助氏に弟子入りを直訴し、内弟子修行を開始しました。この出会いが明石家氏の人生に大きな影響を及ぼします。入門生活は丸刈りにされること以外はあまり厳しくなく、放任主義だったそうです。下積み時代は兵庫県西宮市今津久寿川町「第一久寿川荘」に在住します。高座名は「笑福亭さんま」が与えられました。「さんま」という芸名は、奈良のさんまの実家が水産加工業を営んでいたことから命名されたそうです。
 
 


・・・

この続きは、
スマートフォンアプリ『BIONUMBER』にてご覧いただけます。
ダウンロードしていただき、ぜひご活用ください!

【参考資料】
Wikipedia/ exciteニュースほか

バイオナンバーは『543』の特徴は
こちら

ba-.png

スマートフォンアプリ『BIONUMBER』では、『話題の人のバイオナンバー』の記事を定期的に配信しています。
「ウォルト・ディズニー氏」「スティーブ・ジョブズ氏」「孫 正義氏」など、多数の著名人(話題の人)が掲載されています。
ぜひご覧ください!!


スマートフォンアプリ『BIONUMBER』
画像をタップすると、ストア画面に移動します。
ぜひご活用ください!
iOS黒.jpg
android黒.jpg



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話でのお問い合わせ

03-3239-8721

お見積もり・お問合せ

お問合せはこちら