「人と企業のマネジメント」をテーマに継続的改善を行い、顧客満足の向上に努めて行きます。

HOME > ベックスナビ > PDCA情報室 > BCP(事業継続計画)を価値ある取組みにするために

BCP(事業継続計画)を価値ある取組みにするために│株式会社ベックスコーポレーション

BCP(事業継続計画)を価値ある取組みにするために

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BCP(事業継続計画)を価値ある取組みにするために


皆さまこんにちは。
ISO担当です!

大規模災害などの緊急時における、企業の行動指針をまとめたBCP(事業継続計画)はご存知でしょうか?

コロナ禍により、未曾有の危機に直面する今、多くの企業では事業を継続するための取組みが必要であり、その対応が急務となっています。

その中で、BCP(事業継続計画)の重要性を再認識し、その価値を高めるとともに、実態に合ったBCPを策定しなければと動き出している企業様は少なくありません。


しかしながら、今回の新型コロナウイルスに対するBCPを策定すれば安心というわけではありません。それは、数ある緊急時対応策の一つに過ぎません。

新型コロナウイルスの感染拡大下であっても、地震や津波、火災、台風、大規模停電などが起きる可能性は十分あります。

今の日本は、複合的な災害に対して、可及的速やかに復旧するためのBCPの策定が求められています!


また、
中小企業庁でも「中小企業BCP策定運用指針」を公開しており、BCPの重要性が分かります。
→「中小企業BCP策定運用指針」の詳細はこちら



各企業でいざBCPを作成しようとしても、自社の裁量で作成すると内容にばらつきが出てしまい、いざというときに活用できない恐れがあります。

そのため、
ISO 22301 『事業継続マネジメントシステム(BCMS)』という国際規格が存在し、BCP策定における一定の基準を設けております。

いかなる状況下でも、確実に被災前の状態に戻すための取組みを3段階で明確にしています。
①被災時の初動の取組み
②事業を継続するための取組み
③完全復旧に向けた取組み

今の状況を解決するためのヒントが散りばめられています!

このISO 22301規格は、2019年にバージョンアップをし、事業継続を検討する上で、これまで以上に活用できる内容になっております。

このISO 22301規格を組織の運用に組込み、価値あるツールとして有効活用するための支援を当社は行っております。


実態に合ったBCPを構築するためにどうすれば良いかお悩みの方、
BCP構築にご興味がある方は、ぜひ当社までご連絡ください!


皆さまにとって、
今日が素敵な一日になりますように。



<私達のISOに関する取組みはこちらで確認できます!>


 
【当社コンサルティング内容を資料からもご覧ください。資料問合せフォームはこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話でのお問い合わせ

03-3239-8721

お見積もり・お問合せ

お問合せはこちら