「人と企業のマネジメント」をテーマに継続的改善を行い、顧客満足の向上に努めて行きます。

HOME > ベックスナビ > PDCA情報室 > コアツール(FMEA)勉強会開催!

コアツール(FMEA)勉強会開催!│株式会社ベックスコーポレーション

コアツール(FMEA)勉強会開催!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コアツール(FMEA)勉強会開催!
皆さまこんにちは!
ISO担当です。

先日、弊社クライアント先にて、コアツール勉強会を開催しました。
コアツールとは、IATF 16949(自動車産業の品質マネジメントシステム規格)で
要求されている技法であり、通常は以下の5つの技法を指します。

①APQP(先行製品品質計画)
②PPAP(製品承認プロセス)
③FMEA(故障モード影響解析)
④SPC(統計的工程管理)
⑤MSA(測定システム解析)

その中でFMEAとは、Failure Mode and Effects Analysis の略であり、
『故障モード影響解析』と呼ばれています。


FMEAは、「故障モード」について深く考えることで、
根本原因を特定するとともに、不具合の予防に役立てています。

「故障」ではなく、「故障モード」。

故障=機能を失うこと。(例)切る(はさみの場合)
故障モード=どのような形で機能を失うか。(例)さび、ゆがみ

つまり、
「はさみが切れなくなったときに、何が起きて故障に至ったかを追究していく」という考え方です。

上記は例となりますが、
ぜひ皆さまの会社の「製品」や「工程」に置き換えて考えてみてください。


近年の自動車リコールの原因分析をした結果、
FMEAをもっと確実に実施していればリコールを防げたという事実もあり、
FMEAの更なる確実性が問われています。

目に見える事象だけを追っかけて解決策を検討していては、根本原因を見落としかねません。
原因を可能な限り洗い出して未然防止策を検討する。
一部署だけでなく、部門横断的に、いろんな部署を巻き込んで、未然防止策を検討する。

再発防止ではなく未然防止に重きを置いた手法。

そう考えると、
FMEAは自動車業界限定の手法ではなく、あらゆる業界で有効活用できるツールとなります!

コアツールの教育についてご興味がある方は当社までご連絡ください!

それでは本日も素敵な一日をお過ごしください。

<私達のISOに関する取組みはこちらで確認できます!>

 
【当社コンサルティング内容を資料からもご覧ください。資料問合せフォームはこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話でのお問い合わせ

03-3239-8721

お見積もり・お問合せ

お問合せはこちら