「人と企業のマネジメント」をテーマに継続的改善を行い、顧客満足の向上に努めて行きます。

HOME > ベックスナビ > PDCA情報室 > IATF 16949 コアツール(PPAP)勉強会開催!

IATF 16949 コアツール(PPAP)勉強会開催!│株式会社ベックスコーポレーション

IATF 16949 コアツール(PPAP)勉強会開催!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IATF 16949 コアツール(PPAP)勉強会開催!
皆さまこんにちは!
ISO担当です。

先日、弊社クライアント先にて、コアツール勉強会を開催しました。
コアツールとは、IATF 16949(自動車産業の品質マネジメントシステム規格)で
要求されている技法であり、通常は以下の5つの技法を指します。

①APQP(先行製品品質計画)
②PPAP(生産部品承認プロセス)
③FMEA(故障モード影響解析)
④SPC(統計的工程管理)
⑤MSA(測定システム解析)

その中でPPAPとは、Production Part Approval Process の略であり、
『生産部品承認プロセス』と呼ばれています。
(※IATF規格では、製品承認プロセスと呼ばれています。)


そもそも、PPAPの目的とは・・・
①お客様の設計記録や仕様書に示された要求事項の全てを
 サプライヤーが正しく理解しているかどうかを判定するため。


②製造工程が所定生産能率における実際の量産中に、
 これらの要求事項を満たす製品を一貫して
 製造する能力を持っているかどうかを判定するため。


要するに、
「私たちは、お客様の要求を正しく理解し、その上で、お客様が求める生産量を確保し、
お客様が定めた納期通りに
確実に納入し続けることを約束します」ということ!

そして、約束できる根拠となる関連書類を揃えて、お客様に提出します。


一見難しそうに感じますが、
お客様への提出書類の内容は、とても当たり前のことしか求めていません!
日々の品質管理において、やるべき事をやっていれば必ず残る記録類…。


高い品質レベルを要求するにはそれなりの根拠があります。
人命にかかわるハイリスクな製品を扱う、「責任」「覚悟」がそこにはあるのです。


コアツールの教育についてご興味がある方は当社までご連絡ください!

それでは本日も素敵な一日をお過ごしください。

<私達のISOに関する取組みはこちらで確認できます!>

 
【当社コンサルティング内容を資料からもご覧ください。資料問合せフォームはこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話でのお問い合わせ

03-3239-8721

お見積もり・お問合せ

お問合せはこちら