「人と企業のマネジメント」をテーマに継続的改善を行い、顧客満足の向上に努めて行きます。

HOME > ベックスナビ > PDCA情報室 > IATF 16949 TPMにより組織の改善を加速する!

IATF 16949 TPMにより組織の改善を加速する!│株式会社ベックスコーポレーション

IATF 16949 TPMにより組織の改善を加速する!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IATF 16949 TPMにより組織の改善を加速する!

皆さまこんにちは!
ISO担当です。

先日、弊社クライアント先にて、IATF 16949勉強会を開催しました。

今回の検討テーマは『TPM』です。
IATF 16949の規格要求事項には、
【8.5.1.5 TPM(Total productive maintenance)】という項目があります。

TPMとは、
会社全体(全員参加)で、生産活動に関わるメンテナンスを行うことで、改善につなげる活動をいいます。

TPMの目的は、ヒト・モノの改善による企業の改善です!
そして、改善し続けることで、不良品・事故・故障ゼロを目指し、利益を生む企業を構築していきます。


IATF では、TPMの中でも特に『モノ=設備』に注目して改善を促しています。
サプライチェーンを断ち切ることがないよう、継続して製品を作り続けるための
未然防止の取組みが問われています。


では、継続して製品を作り続けることができる根拠は何か?

いつ・誰が・何を・どのように行い・どのように評価するのかといった、
TPMの具体的な取り組み内容(仕組み)により証明します。

そのため、8.5.1.5では、IATFで唯一『文書化したシステム』の構築が求められており、
TPM活動の具体的な進め方について言及しています。

文書化した情報…
文書化したプロセス…
文書化したシステム…

規格が要求している内容を正しく理解して、運用構築をしたいですね。


それでは本日も素敵な一日をお過ごしください。


<私達のISOに関する取組みはこちらで確認できます!>


 
【当社コンサルティング内容を資料からもご覧ください。資料問合せフォームはこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話でのお問い合わせ

03-3239-8721

お見積もり・お問合せ

お問合せはこちら